とある二郎系の平和な話

緩いキャンプアニメに大きな影響を受けまして

「あんな風に飲み食いの楽しさを残せたらなー」

と記録を調べてソロ呑みとワイワイ呑みで分けたら9割ソロでした。
ここまでくると地元で飲み友達が欲しい、という欲も無くなり。
なのでソロで食べたり飲んだりした話をメインにします。

ただまぁもうおひとり様、なんていうのは珍しくも無く。
ケーキバイキングに一人で行く男性はここに。
焼肉屋のランチで一人楽しむ女性も発見。
そして一人はハードル高くても、女性も食べたい二郎系!

で、写真は富山大学前「豚道場」さん。
お昼限定の「BBラーメン」です。
うん、やはりどこがブラックだ?
美味しいんですけど極太麺の宿命があります。
ゆでるのに時間がかかる。
それで人気店はロットバトルなんてものが暗黙になり。
私も通い始めは結構慌てて食べてました。
でもここは多分大丈夫なお店です。
カップルは勿論、女性グループも来ます。
少なめにしても時間がかかってしまいます。
でも誰も何も言わないです。緊張感すらないです。
その上でお店の人がちゃんと要望を聴いてスムーズに案内してくれます。
一人で行くとぽつんと空いた席に案内されて30秒で出てくる事も。
そして美味しい!何度も言いますが私は本家より好きです。
肉が柔らかくて、でも脂身ばかりではない。食べ応えもよし。
メンももちもちでこれがおそらく正しい
「野菜と肉をおかずに麺を食べる」
の一つ行きつく形だと思います。

お店の場所や性質上若い人が多いです。でも皆マナーが良いです。
二郎が好きなら絶対美味しい富山のブラックラーメン(を名乗る二郎)
男2女1で来て張り切った男が大盛を頼んで女性が先に帰ったり、
カップルできて彼女の食べきれない麺を彼氏がスッと食べたり。
こういう風景が見れるのも食の進化だと思います。
新しく富山に来る方も二郎系が食べたくなったら豚道場!
ダイレクトマーケティング!